生まれつきの色白さんが知っておくべき弱点を補うスキンケアのこと

色白さんのスキンケアには注意すべきこと、

必ず用意しておくべきコスメがあります。

せっかくの肌の白さを守るためだけではなく、

どのようにより色白さんの肌を魅力的に見せられるかもスキンケアにかかっているのです。

上手なスキンケアとコスメ選びで、満足できる白い肌を守ってみませんか。

スポンサーリンク


■意外と色白さんは肌が丈夫

一見、色白さんは肌がデリケートそうに見えます。

でも肌のターンオーバーが正常に行われているからこそ、

常に明るい肌色をキープしているのです。

そのため思っているよりも肌は丈夫です。

 

とはいえ、ピーリングのように古い角質を取り去るコスメには弱い傾向があります。

理由は

肌のターンオーバーが正常な分、不要だからです。

 

丈夫だけれど、刺激に弱い傾向がある色白さんは

肌を守るためにもクレンジングや洗顔を丁寧に行っておき、

古い角質や角栓を溜まりにくくさせるほうがいいですね。

 

また肌がかさつくといきなり弱くなるし、

見た目の白さも生きてこないので、

スキンケアでは保湿が重要になってきます。

しっとりしていると白さも引き立ちますから、メリットが多いのです。

スポンサーリンク


■色白さんのマストコスメは保湿ケアコスメ

色白さんは白さキープのために美白コスメを活用していることが多いのですが、

実際には美白に励んで白さを追求するより、

保湿コスメでしっとりした質感の追求と柔らかさをキープすることがおすすめです。

美白コスメも保湿効果が高いものを選びましょう。

 

すると色白さんに起こりやすい粉をふいたような白さにはなりません。

もともと肌が丈夫な傾向がある色白さんは、

保湿コスメで肌をより強化するほうが結果的には将来の美肌を維持します。

 

またメイクのノリもよくなって、

肌がしなやかに見え、より美肌に見えるのです。

白さとしっとりした質感を重視して、コスメを選び、

また保湿重視のスキンケアメニューを組み立てることをおすすめします。

 

シミやそばかすに関してですが、

色白さんでも悩む方と気にならない方がいますよね。

 

シミは継続して美白コスメで対処するのもいいのですが、

結果が出るまではコンシーラーでカバーしてもいいですね。

 

白さとしっとり感を追求するためにはくすみも厳禁です。

だからこそ、肌のターンオーバーが常に働くように

肌を強化させることがシミも減らしてくれます。

スポンサーリンク


■ブロンズ肌に憧れているならファンデーションで




人間はないものねだりなところもあって、

色白さんでも輝くようなブロンズ肌に憧れる方もいます。

確かにブロンズ肌はゴージャスなイメージがありますし、

どんな服もモダンに見せるという嬉しい効果があります。

だから肌を焼く?

 

それは好ましいといえません。

色白さんの多くは肌が丈夫でも

意外と紫外線に弱い傾向があるからです。

 

特に肌を焼くと黒くならず、真っ赤になって、

ひどいときは腫れたり、湿疹が出やすいタイプの肌の色白さんは

肌を焼くことは厳禁です!

 

普段は丈夫な肌でも明らかに紫外線でダメージを受けている証拠だからです。

そのためどんなに時間が遅いので紫外線が弱いと判断しても、

肌を強引に焼いてブロンズにするのはNGなのです。

 

どうしてもゴージャスなブロンズ肌にしたいなら、

クレンジングで簡単に落とせる

ブロンズカラーのファンデーションを使うことをおすすめします。

オーブリー シルケンアース ブラッシュパウダー ハニーブロンズ

ゴージャスな肌は簡単に作れますし、

UVカット効果も兼ねているので、肌にも安心です。

ですから色白さんにUVカット剤は

マストコスメとお考えください。

 

※UV対策は万全ですか?肌にいいことするなら…

 

■しっとりした質感のある色白肌を守ろう

027a

年間を通して紫外線対策を考える必要がある色白さんは

保湿ケアで肌を強化しつつ、

UVカット剤で肌を守ることがしっとりした質感の白い肌を守る秘訣です。

女優の宮沢りえさんのようなしっとりしていながら、

色の白さが引き立つような肌を育てていきましょう。

 

肌のしっとりした質感できめ細かさもアピールできます。

また肌のしっとりした質感があれば、

肌はうるおいで守られています。

そのためより肌がダメージに負けないようになるので、

保湿と紫外線対策のコスメを用意し、

お手入れを丁寧に行ってあげてください。

 

色白さんの肌は憧れの的です。

とはいえ紫外線には極端に弱い傾向があるという弱点を

カバーすることもスキンケアの一環なのです。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ