目指せナチュラルアイメイク!ナチュラルなアイラインの引き方

社会人の女性にとって欠かせないのが、「ナチュラルメイク」のテクニック。

ナチュラルメイクは常に男性受けの上位に君臨しているほか、ビジネスシーンなどでも求められる化粧法ですよね。

でも、ナチュラルメイクってどうやったらいいかわからない!

そんな方はいらっしゃいませんか?

今回は、ナチュラルメイクの方法を、「アイラインの引き方」に絞ってご紹介します!

スポンサーリンク


押さえておきたい!ナチュラルなアイラインを引く上で大事なコツ

eyeline-mihon

まず頭に入れておいていただきたいのが、

「ナチュラルメイク」と「手抜きメイク」は別ということ。

ナチュラルメイクは、あくまでナチュラルに見えるように、しっかりと「作り込んだ」メイクのこと。

「化粧をしているのにしていないように見せる」というテクが必要とされるナチュラルメイクは、盛りメイクよりも難しく、しっかりとした作り込みが重要となります。

 

だから、「アイラインなんて引いたら、目が強調されてナチュラルじゃなくなっちゃうんじゃないの?」という疑問は大の間違い。

むしろ、

適切にアイラインを引くことで、「きちんと感」のあるナチュラルメイクは作られるのです。

 

ナチュラルメイクには、アイライナーは、だんぜん

芯がやわらかいペンシルタイプがおすすめ。

特にブラウンタイプのものは、主張が抑え目で「いかにも化粧してる感」を抑えることができます。

ブラウンタイプのペンシルアイライナーを使うことで、

目元がキツくなりすぎず、やさしい印象をあたえるアイラインを引くことができるのです。

 

アイラインの引き方のコツとしては、「引くというより、埋める」を意識すること。

リキッドアイライナーを使うときのように、目頭から目尻に向かって一直線にアイラインを引いてしまうと、どうしても「化粧してます!」という印象が出てしまいます。

まつ毛の隙間を埋める感覚で、引くというより、チョンチョンと数mmずつ描いていきましょう。

 

要注意!ナチュラルアイメイクで覚えておきたい注意点

 natural-make-model

ナチュラルなアイメイクを行う上で

絶対やってはいけないのは、「目尻のはね上げ」。

目尻からスッと跳ね上げるアイラインは、盛りメイクやパーティーシーンなどではとても華やかなのですが、あくまで「ナチュラルさ」を目的としたナチュラルメイクにおいてはNG。

ラインは力を入れすぎず、横にまっすぐ引きましょう。

 

また、太くアイラインを入れるのも、

ナチュラルメイクにおいてはNGなことのひとつ。

太いアイラインは、目元を強調して厚化粧感を出してしまうばかりか、逆に目が小さく見えてしまったりします。

あくまで力を入れず、細く、一直線に。

「ちょっと物足りないかな?」と思うぐらいのメイクが正解です。

スポンサーリンク


これであなたもナチュラルメイクOK!おすすめアイライナー

 

レブロン カラーステイアイライナー

レブロン カラーステイアイライナーS202

新品価格
¥1,404から
(2015/8/11 21:51時点)


全五色 各1300円(税抜)

 

コスメクチコミサイトでも常に上位の人気を誇る定番アイライナー

これ一本で太さ&細さが自由自在なので、ナチュラルメイクの日以外にも使うことができます。

 

ビボ アイフルアイライナー

ビボ アイフルアイライナー2 ブラウン

新品価格
¥358から
(2015/8/11 21:53時点)


全八色 各432円(税込)

 

発色がよくなめらかで描きやすいことで、プロのメイクアップアーティストからも支持を受けている商品です。

お手軽に買って試せるワンコイン価格も嬉しいですね。

 

デジャヴュ ラスティンファイン

デジャヴュ ラスティンファインS ペンシル3 ダークブラウン

新品価格
¥1,296から
(2015/8/14 03:24時点)

全三色 各1200円(税抜)

 

「塗るつけまつげ」で有名なデジャヴュから発売のアイライナー。

ウォータープルーフでにじみにくいのに、クレンジングの際は落としやすいことで評判です。

 

まとめ

いかがでしたか?

メイク、特にアイメイクは最初は難しいもの。

うまくなるには練習が不可欠です。

なにかと難しいナチュラルメイクですが、以上のコツや注意点をおさえれば誰にでもできるはず。

毎日少しずつ練習して、ナチュラルなアイメイクをマスターしましょう!

スポンサーリンク


※当サイトのおすすめナチュラルメイクの記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ