【ナチュラルメイクの時間短縮】遅刻寸前でも安心の時短メイク

今流行りのナチュラルメイク。

ナチュラルメイク=すっぴんではありません。

素肌感や透明感を出すためのメイク術です。

中でもベース作りは一番のカギ。

コントロールカラー、コンシーラー、ファンデーション、パウダー・・・

 

いろいろ使って、とにかく根気良く、気になるくすみやシミをポイントで隠しながらも、全体的に薄付きになるように仕上げていくわけですが、これ、見た目とは裏腹に、実は結構手間も時間もかかりますよね

毎日やろうとおもったら、中々大変です・・・。

 

ある調査によると、メイクをする人の平均時間は、13分~15分とのこと。

仮に13分としたら…

  • 一週間で、13分×7日=91分(1時間31分)
  • 一か月で、13分×30日=390分(6.5時間)
  • 一年で、13分×365日=4,745分(79時間⇒3.2日)

この時間を節約できるとしたら…

色々考えてしまいますよね?

 

それならば!

時短できる部分はカットしちゃおう、ということで、今回は時短ナチュラルメイクの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク


ナチュラルメイクの成功のカギはベースメイク

base-make

なんといっても、ナチュラルメイクの最大のポイントはベースメイク。

ここで透明感を出せるか出せないかが、メイク成功への分かれ道。

本来であれば、コントロールカラーから始めるのですが、

今回の時短ナチュラルメイクでは

  • コントロールカラー
  • コンシーラー
  • ファンデーション

いりません!!

 

CCクリームとパウダーのみを使います。

 

  • CCクリームとは?

 


CCクリームとは、Care(ケア)&Contrl(コントロール)の略です。

美容液のようなスキンケア効果もありながら、お肌のカラーをコントロールしして美しく見せる機能を持っています。

 

BBクリームはファンデーションの機能もありますが、CCクリームはあくまでも下地の扱いです。

通常であれば、CCクリームの後にファンデーションを塗るのですが、実はナチュラルメイクの場合、CCクリームを上手に塗ればファンデーションはなしでも十分なんです!

 

  • CCクリームの上手な塗り方

ではCCクリームの上手な塗り方、チェックしていきましょう。

まず、使う量に注意して。

多すぎると顔が白くなってしまうため、パール1個分を目安にします。

 

①手の甲にパール一個分のCCクリームを取ったら、

  • 両目の下

の5箇所に指でのせていきます。

顎と鼻は比較的少量でOK。

make-fande-point

出典:pinterest.com

 

②中指と薬指の腹で、顔の中心部から外側に向けて、CCクリームをポンポンとたたきながら馴染ませていきます。

目元、口元は薄めに仕上げるように意識してください。

 

③最後にスポンジで抑えながら、全体を馴染ませていきましょう。

 

CCクリームが馴染んだら、パウダーでフィニッシュ。

これで、よりナチュラルに仕上がりますよ。

 

当サイトおすすめ関連記事はこちら

BBクリームとCCクリームの違いをセラピストが比較してみた

 

時短でナチュラル・アイメイクはインラインとマスカラで勝負。

CCクリームでナチュラルなベースができたら、アイメイクも不要なものはカット。

アイライナーとマスカラだけで済ませてしまいましょう。

 

ただし!

ナチュラルメイクの場合、アイラインはインラインが鉄則。

自然に仕上げるために、ブラウンのペンシルタイプのアイライナーをチョイス。

 

上まぶたをちょっと上に引っ張りながら、まつ毛の生え際の粘膜の部分にラインを入れていきます。

下まぶたも目尻から3分の1くらい、粘膜の部分にインラインを入れてください。

 

あとはビューラーでまつ毛をカールさせて、ロングタイプのマスカラをON。

ダマにならないように注意して。

自然に仕上げるために、多くても2度塗りまでにしてくださいね。

 

スポンサーリンク


ポイントメイクは血色感重視で、やりすぎないのがコツ

あとはチークとリップです。

これは血色カラーで仕上げていきます。

チークはオレンジ系かピンク系。

自分のお肌に合う血色カラーをチョイスして、頬骨の一番高いところに、チークブラシでうっすら、くるくるっとのせてください。

 

リップはピンク系のグロスだけを使います。

もともと唇がしっかりしたピンク色の人は、透明のグロスでOK。

 

まとめ

065

いかがでしたか?

通常のナチュラルメイクよりも、ぐっと時短できたはず。

これなら毎朝、無理なく続けられるのではないでしょうか?

時短ナチュラルメイクなら、お肌への負担も少ないので一石二鳥!

ぜひ、実践してみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ