コスメジプシーにさようなら!!スキンケアを変える絶妙なタイミング

漠然と肌のお手入れを同じにしてはいませんか。

使う化粧品をなんとなく同じものを継続していては、肌が満足できなくなる時期がきます。

でもいつ変えるのかというタイミングがわからないという方もいますよね。

そこでスキンケアを見直すタイミングについて考えていきましょう。

スポンサーリンク


■スキンケアを変えなければいけない時期は来る

肌は変化をダイレクトに実感させるものです。

疲れていたり、体調が悪ければ、肌は迅速に変化します。

スキンケアは、その変化に応じてメニューを変えておくことが課題だと言ってもいいですね。

日本には四季がありますが、このそれぞれの季節でも肌のコンディションに変化が訪れますし、スキンケアも柔軟に変えることが大切になってきます。

 

アンチエイジングを頑張るよりも、現在の肌を労わり、キープさせるほうが圧倒的に肌への負担が少なく、効率よく美肌を維持できる方法です。

そういう事実を踏まえながら、スキンケアを変えるタイミングを考えることも、自分が満足できる肌を保てる結果を生んでくれます。

スキンケアを変えるタイミングは、自分しか知らない、自分しかわからないと言ってもいいでしょう。

 

■季節や年齢より自分の実感がヒント

まずご理解いただきたいのは、日本人が世界的に見ても総合的な美肌だということと、肌への基本水準が高いということです。

これは日本の風土が関係しています。

湿度が高く、肌には非常に好ましい環境だから、肌の美しさは、しかるに当たり前すぎて、自分で水準を挙げてしまう傾向があるから、スキンケアにも厳しくなるというわけです。

 

しっとりときめ細かい肌を日本人は世界的に見ても長くキープするという事実があって、自分の肌への要求も高くなってしまうというわけです。

その意味では無意識にアンチエイジングを常に考えていると言ってもいいのかもしれませんね。

そのためスキンケアを変えるタイミングにも敏感になるというわけです。

 

自分への要求が高い肌だから、逆に言えば目安になるのは季節や年齢ではなく、自分で触ったり、鏡で確認したときの実感がスキンケアを変えるタイミングのヒントになるでしょう。

乾燥が気になれば保湿効果をアップさせたり、パックなどをスキンケアにプラスしていくように、どの季節でも自分の肌の意見を参考にすればいいのです。

 

■肌の感触や質感を確認して判断する

肌がすべすべしていて、うるおいを見た目でも感じさせ、きめ細かいのが日本人の肌の特徴です。

だから肌の変化を確認することも簡単だと言っていいでしょう。

しっとりした触り心地が不足しているなら、保湿でも油分をプラスしたほうがいい時期に来ていますし、くすみが気になりだしたら、クレンジングを変える時期だと判断できます。

 

誰かに指摘されて変えるよりも、自分の肌の感触や質感を確認して、

今は変えるべきタイミングなのかを判断するほうが間違いありません。

 

スキンケアはパーソナルなものですし、肌の弱点を一番知っているのは自分だからです。

もっと自分を信頼していいのです。

スキンケアで毎日確認する際に、今のスキンケアでキープできているかを判断できるはずです。

スポンサーリンク


■タイミングは一人一人変わると心得て

高水準の肌である日本人の場合、スキンケアを変えるタイミングを自分で理解している方ほど、年齢を重ねても美肌を維持できています。

確かに新しい化粧品を使って、自分を満足させることも、効果があります。

 

でもベーシックなスキンケアのマイナーチェンジをうまく繰り返してきた方の肌は、長い目で見れば驚異的な美肌をキープさせるのです。

 

スキンケアを変えるタイミングは個人個人で変わってきますし、季節や年齢はざっくりとした目安に過ぎません。

もっと小刻みなマイナーチェンジを行うほうが実は健やかな美肌を維持できます。

 

たとえば今日の肌にうるおいはあるけれど皮脂が少ないと判断したら、クリームを重ねて使うというレベルのマイナーチェンジでもいいわけです。

 

スキンケアを大々的に変えるタイミングは本格的に肌に変化が訪れたときでも十分です。

普段から肌の変化を感じ取って、その要求に応えるスキンケアを行うことでも美肌は維持できます。

今は何が不足しているか、何が過剰かを感じ取ることでスキンケアを変えるタイミングが判断できます。

肌との対話を大事にしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ