【旅行中のスキンケア】旅行先が海外でも困らないトラベルキット選び

旅行に行くとき、用意するのは、着替え、羽織りもの、歯磨きセットにヘアケアセット、そしてスキンケアのためのトラベルキットですよね。

活用するには意外とかさばることもあり、また旅行中にスキンケアにとらわれ過ぎても楽しさは半減してしまいます。

そこで上手に活用する方法を提案しましょう。

スポンサーリンク


■そもそもトラベルキットはなんのためにあるのか?

多くの場合、化粧品メーカーが出している「お泊りセット」やトラベルキットはトライアルセットも兼ねたものが多くあります。

ですから旅行に持っていくには少しかさばることもあって、

あまり活用しきれなかったということ経験はありませんか?

 

休暇を利用したのんびり一人旅であれば活用しつつ、楽しめるかもしれません。

でも誰かと一緒の旅行ではスキンケアばかりに時間をかけるのは楽しさが半減し、結果的にトラベルセットって必要だっかな?ともなりやすいのも事実です。

化粧品メーカーのトラベルキットは便利なように見えていて、あまり活用できないこともあるので、あえてセットで買うのではなく、自分で一つ、一つ揃えることもいい方法なのです。

■自分でトラベルキットを作るのも楽しい

毎日のスキンケアで愛用している化粧品がありますよね。

何十日も滞在する予定であれば正直な話、毎日使用している化粧品をそのまま持っていくほうが活用しやすいこともあります。

短期間の場合は小さなボトルに詰め替えたりしてもいいでしょう。

それも面倒なら、旅行中だけと割り切ってオールインワンスキンケアもOKです。

 

ただし、クレンジングと洗顔は用意しておきたいものです。

そこで簡単に洗い流しができて、ダブル洗顔も不要なクレンジングを用意しておくと、旅行中の慌ただしさの中でも楽にスキンケアができます。

またポイントメイクリムーバーで代用するのもおすすめの旅行中のクレンジングと洗顔です。

あるものをうまく流用してもいいのです。

 

またこれは元祖日本人パリコレモデルの故山口小夜子さんが行っていた自作のトラベルキットなのですが、

コンパクトで密閉性がある容器にコットンを詰め、そこに愛用の化粧水を含ませるものも非常に便利です。

 

彼女は数多くの滞在や旅行の中で自分に合うトラベルキットをうまく活用できるように選んで、年齢不詳な美肌を維持していたのでしょうね。

 

■必ずスキンケアで用意したいものはそのまま持っていく

自分なりに活用できるトラベルキットは自由自在ですから、自分のスキンケアの要になるアイテムはそのまま持っていくほうが安心です。

たとえば美容液がなければ肌が落ち着かないという方なら、ボトルごと美容液を持っていきましょう。

クリームが肌に欠かせないならそのまま持っていくほうが安心してスキンケアを行えるはずです。

 

そういう場合は他のアイテムはあえて簡略化させて、うまく活用してみましょう。

持ち運びが簡単で安全なように工夫しておくこともいい方法です。たとえば化粧水を簡略化させて活用させるなら、山口小夜子さん式でもいいですし、スプレーボトルに詰めて持ち運んでも安全です。

どんな場所でも使いやすいようになるメリットもあります。

 

毎日のスキンケアで自分が何を簡略化できないかをきちんと考える機会が自分のためのトラベルキット作りでもわかってきます。

活用できなければ意味がないということを頭に入れて作ることは、自分のスキンケアの見直しにもなるのです。

どのアイテムをそのまま持っていくかを計算して考えることも実は重要なのです。

スポンサーリンク


■使い勝手がいいように自分なりに選んでみる

トラベルキットを活用するためには何が自分のスキンケアで重要な課題になっているかを考えて選ぶことが肝心です。

もちろん市販のトラベルキットを買う楽しみもありますし、それを使うのも間違いではありません。

 

でも普段からのスキンケアにこだわりがあれば、自分のためだけのトラベルキットを作ることも旅行で困らないのでいい方法なのです。

どんなスキンケアが自分には重要になっているか、トラベルキットを組み立てつつ、考えることで、旅行中でも快適な素肌でいられます。

 

慌ただしいスケジュールでもリラックスする時間を自分に与えるのがスキンケアの時間です。

そこで活用すべきなのが自分のためにあるトラベルキットだというわけです。

だから自分で作るのもいいことだというわけです。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ