伝線しないストッキングとは?伝線防止と直し方の完全マニュアル

ストッキングの伝線って気になりますね。

折角買ったのに1日で伝線してしまって使えなくなってしまった…

伝線していたのに気付かないで穿いてしまっていた…

大切な時に伝線してしまって、替えが無くて困った…

などなどストッキングあるあるは、女性ならだれしも体験していますよね。

277

今回は、ストッキングの伝線を防ぐコツ、

伝線してしまった時の対策や伝線しにくいストッキングなどをご紹介します。

スポンサーリンク


伝線を防ぐにはストッキング選びも大切

ストッキングの伝線はどうしても起こってしまうものです。

それを完璧になくする方法はありません。

でも、伝線をできるだけ少なくする方法はいくつかあります。

まずは、伝線しにくいストッキングを使うことです。

 

伝線しにくいストッキングは、つま先補強がしてあるものや、

外国製のインポート商品が比較的繊維がしっかりしていて伝線がしにくいです。

ただし、つま先補強ありは、なしのものにくらべ若干ですが、値段が高めです。

(ヘインズアライブ)Hanes alive 811スルータイプパンティストッキング(パンスト) サウスパシフィック(サンタンブラウン) B(M-L)


インポート商品も1200円くらいからと、

一般的なものに比べ値段がどうしても高くなってしまいます。

値段は高めですが、安いものを買ってすぐに伝線してしまうなら

これくらいいい物を穿いて長持ちさせた方が最終的には値段が安くすみます。

 

その他にも、伝線しにくいストッキングとして販売しているものもあります。

グンゼ「SABRINAサブリナ シェイプ×伝線しにくい!」は、

比較的安く、コスパが良い伝線しにくいストッキングとして人気です。

SP806M SABRINA(サブリナ) ひきしめシェイプ 伝線しにくい×10hPa M-Lヌードベージュ3足組


500円くらいですが、安いところだと300円台から買えます。

UV対策や、足の引き締め効果もあり、

美しい足に見せるための工夫もされているのもおススメな理由です。

スポンサーリンク


穿く前のひと工夫と、足のお手入れで伝線は少なくなる

美脚 破れない ストッキング 伝線しない ストッキング

価格:3,240円
(2015/12/6 04:10時点)
感想(1件)


伝線しにくいストッキングをさらに長持ちさせるコツがいくつかあります。

基本的なことですが、爪のお手入れや足の角質のお手入れなどは大切です。

ちょっとした引っ掛かりで伝線してしまいます。

 

かかとの角質などは普段からお手入れが大切ですが、

応急処置として、かかとクリームを塗ってから穿くだけでも違います。

もちろん、足だけじゃなく手の爪も穿く時に伝線させてしまう原因になるのでお手入れは大事ですよ!!

ストッキングは穿く前に一工夫します。

  • 柔軟剤を溶かした水でゆすいでからネットなどに入れて乾燥させます。
  • 冷凍庫で一晩凍らせると繊維がしっかりして伝線しにくくなります。
  • 酢水につけて乾かしても伝線がしにくくなります。
  • 洗う時はできるだけ手洗いをするというのも基本です。

あまり多様するのはオススメしませんが、今日はどうしても伝線してほしくない!

という日は、髪の毛用のヘアースプレーをかけるとさらに伝線しにくくなります。

このスプレーの裏技は、伝線しかけてしまった時にも使えます。

繊維を固めて、動かないようにするんです。

ケープ 3D エクストラ キープ 無香料 180g

穴をあけたり引っかけてしまったらすぐに応急処置

ここまでしても、もし伝線しそうになったり、穴をあけてしまったりしたら、

ネイルのトップコートを塗ることで、さらに伝線がひろがるのを防止できます

あっという間に伝線してしまうので、気付いたらすぐに塗りましょう。

ネイル用に使うわけではないので、安いもので十分です。

100円ショップなどで買って、ストッキングを穿く時はカバンに1本入れておくと便利です。

 

伝線を防いで楽しいお出かけに!

322

ストッキングを伝線しにくくするコツなどまとめました。

毎日のようにストッキングを穿いている人にとって伝線は結構大きな悩みですよね。

ちょっとした工夫で、伝線が少なくなってストッキングを長持ちさせることができます。

 

たくさん使うストッキングだからこそ、ちょっとでも長持ちすると経済的にも助かりますし、

お出かけの際のちょっとした気持ちの引っ掛かりが無くなって楽しいお出かけをすごすことができます。

全部はできなくても、まずは1つからぜひ試してみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ