【徹夜明け&夜更かしの肌対策】そのメカニズムを徹底解明すると…

「ああ、また夜更かしをしてしまった…」「今晩も徹夜になりそう…」働く女性の多くは多忙なため、睡眠時間を削る羽目になりがちです。

すると肌にはしっかりツケが回ってきます。そこで睡眠時間が少ないとき、徹夜明けのスキンケアをご紹介します。

スポンサーリンク


■夜更かし・睡眠不足肌には朝にツケがやってくる

081

肌のゴールデンタイムは成長ホルモンが活発に分泌される深夜12時から2時だとわかっていても、

その時間に熟睡できるライフスタイルは実行が難しいのが働く女性です。

プライベートも、仕事も忙しく、つい夜更かしや徹夜は習慣化しているのではないでしょうか。

 

事実、現代は深夜でも楽しめるコンテンツが多く、夜更かしや徹夜の誘惑に勝てるということは稀です。

 

また仕事が終わらなければ睡眠時間を削って頑張るしかありません。

 

すると肌にはダメージも蓄積します。

つまり肌が萎れたり、クマができて消えない。

また睡眠時間が削られるということは肌の修復時間が減るわけですから、

ハリを回復させる時間が少ないため、嫌なゆるみ毛穴が頬に目立ってくることもあります。

 

そんな自分を朝、鏡で見て、反省することを繰り返しても、肌は回復しません。

そこで徹夜明けのスキンケアで肌をプルプルに回復させてみませんか。

 

忙しく生きている現代女性をサポートする基礎化粧品も増えています。

ちょっと辛い朝でも肌が回復すれば、少し爽快な気分になるはずです。

■現代女性のライフスタイルはスキンケアでサポート

080

睡眠時間と肌のコンディションは比例します。

眠っている間に日中ダメージを受けた部分は再生されて回復させるのですが、これも成長ホルモンのおかげです。

成長ホルモンは1日分泌されていますが、深夜12時から2時に分泌量がピークを迎え、全身の回復に役立っています。

 

肌も例外ではありません。

ですから、その時間に起きているのは肌の回復時間を削っているともいえます。

だから翌朝の肌にハリのなさを感じたり、小じわを見つけたり、クマを発見し、慌ててしまうというわけです。

いうなれば睡眠時間は究極のセルフエステでもあります。

だからできれば睡眠時間は削るべきではないのです。

 

とはいえそうもいかないのが多くの現代女性のライフスタイルですよね。

だから上手にスキンケアでサポートを行い、肌を頑張らせることも重要な課題なのです。

見た目が納得できるコンディションであれば、またその日を頑張れるというデータもあり、

頼りにできる基礎化粧品を用意しておくのも、非常に理にかなったスキンケアといえます。

スポンサーリンク


■睡眠時間が充実していないときはとっておきコスメに頼る!

rp_079-242x300.png

理想的な睡眠時間は7時間と言われていますが、個人差もあり、また睡眠時間が長くても充実した睡眠でなければ効果は薄れます。

3時間でも回復可能なショートスリーパーの多くは質の良い睡眠を短時間で取れているからです。

でも極端に短時間の睡眠や徹夜では疲労が身体にも肌にも蓄積します。

そのため肌にダメージを実感するわけです。

 

そんなお疲れ肌でめげてしまいそうな朝のスキンケアでおすすめなのは、

アンファーのジー・ファクター ボディリフトセラムです。

 

アンファーというと育毛シャンプーのスカルプDを連想する方も多いでしょう。

アンファーはエイジングケアを考えた基礎化粧品も出しています。

 

しかもボディ用を顔に使っても使い心地が良く、しかも効果の実感は早いのです。

ご紹介したボディ用美容液のジー・ファクター ボディリフトセラムは成長因子グロースファクターを4種類配合し、

短時間で肌のハリを回復させ、リフティング効果も期待できます。

きゅっと肌が持ち上がり、ハリが回復する実感はまさしく徹夜明けのお疲れ肌も元気にさせてくれると感じられますよ。

 

■週に1回は睡眠を充実させる日も作って

076

あっという間にお疲れ肌の回復をサポートさせるエイジングケア美容液さえあれば肌は無敵…

といいたいところですが、やはり睡眠時間の確保は健康を維持するためにも考えるべきです。

睡眠時間が慢性的に不足すれば、身体の不調だけではなく、精神的にも不調に陥ってきます。

これは自分の抱えているリスクとして注意すべきことです。

 

なかなか夜型のライフスタイルを変えられないとしても、週に1日は睡眠を充実させるスケジュールを組みましょう。

これは肌の問題だけではなく、メンタルヘルスも深く関係しているのです。

心身の健康も肌の美しさを維持すると考え、「本日は睡眠エステデー!」と決めて、充実した質の良い睡眠を貪っても、誰も責めないはずです。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ