【タオルドライの意味】ドライヤーの時間短縮で、髪も傷めない仕方

髪をいたわる正しいタオルドライの方法

毎日行う洗髪のためシャンプーやトリートメントにこだわる方が沢山いますが、洗髪後必ず行うタオルドライ、今のやり方で大丈夫ですか?

間違ったタオルドライをしていると、せっかくのトリートメント効果を失うだけでなく逆に髪にダメージを与えてしまう原因にもなります。

スポンサーリンク


タオルドライの重要性

hand-dry

普段、シャンプーやトリートメントによる頭皮ケアや美髪ケアに積極的に力を入れている方が多いかと思いますが、見落としがちなのが“タオルドライ”です。

髪をドライヤーで乾かす前に行うタオルドライ。

髪が長い方は特に乾かすのに時間がかかるため、面倒だからといってごしごし拭いていませんか?

ごしごしと拭いた方が早く乾くと勘違いしている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、この方法は、大きな間違いです。

 

洗髪後の髪の毛は、水分を含んでおりとてもデリケートな状態です。

髪表面に形成されているキューティクルはとても繊細で、水分のバランスが乱れたり摩擦により刺激を受けると簡単に壊れ、内部の栄養素が漏れ出し、髪のパサつき・枝毛などの症状を招きます。

 

しかし、タオルドライは、とても重要なプロセスでもあります。

自然乾燥をしたり、しっかりとタオルドライをせずに長い時間髪を放置するのは頭皮に細菌が付着しやすくなってしまいます。

細菌が増えると、頭皮トラブルの原因にもなりかねません。

 

また、タオルドライで水分をしっかり取ることで、ドライヤーで乾かす時間を短縮するだけでなく、ドライヤーの熱風による髪へのダメージを減らすことにもなります。

ドライヤー前に可能な限りタオルドライで水分を拭き取りましょう。

 

正しいタオルドライの方法

  • ①タオルドライ前に、ある程度水分を手できります。

dry-hair-finger

手できる際は、握りしめずに両手で挟み、押さえるようにきっていきます。

 

  • ②タオルドライをする際は頭皮から。

シャンプーと同様に指の腹で優しく揉むように拭き取りましょう。

このとき爪を立てないよう注意します。

優しく円を描くようにマッサージするとよいでしょう。

 

  • ③頭皮辺りの水分がある程度取れたら、髪の長い部分をタオルではさみ、両手で軽くポンポンと抑えます。

水がしたたり落ちなくなるまでポンポンと繰り返します。

 

①~③でほとんどの水分を吸収できたところでヘアトリートメントをつけることをおすすめします。

髪の毛に栄養分を与え、油分で髪全体をコーティングすることでドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

つけすぎはベタつきの原因にもなりかねませんので、あずき位の量を目安にしましょう。

スポンサーリンク


タオルドライのコツと注意点

towel-dry-hair-method

タオルドライをする際に気を付けなければならないのが、力加減と爪を立てないことです。

いくら腹でマッサージしたとしても力を入れすぎると、タオルとの摩擦でキューティクルが剥がれ、髪や頭皮を傷めてしまいます。

 

タオルドライで早く髪の毛を乾かすコツは、柔らかいタオル生地、そして枚数を2枚に増やすことです。

柔らかいタオル生地は髪を包みやすく、髪へのダメージも少ないのでおすすめです。

 

また、普段1枚のタオルで拭きあげる方が多いかと思いますが、タオルドライをしている間にタオルが水分を吸収しどんどん濡れていきます。

濡れたままのタオルで拭き続けてもなかなか髪は乾きません。

 

タオル2枚でもまだ水分が気になるという方は、キッチンペーパーを使うとよいでしょう。

とても吸水性に優れているので、タオルでふき取れない余分な水分を取り除いてくれます。

現在、マイクロファイバータオルといって吸水性に優れたタオルも販売しておりますので、キッチンペーパーやタオル2枚使うのはもったいないという方はそういった商品を使ってみるのもよいでしょう。

マイクロファイバー タオル 「カラリ バスタオル」【吸水タオル 髪 プール 巻き 即乾タオル ふわふわ 柔らかい マイクロファイバータオル carari】

価格:1,166円
(2015/9/12 02:38時点)
感想(559件)

毎日ケアを行っていても、間違ったタオルドライで髪を傷ませてしまったら意味がありません。

洗髪のケア・頭皮のケアと共に、正しいタオルドライであなたの大事な髪をいたわってあげましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ