化粧水もサプリも食べ物も不必要。美白になるためのたった1つの方法

目的が美白であれば、重要になってくるのは根気です。

また紫外線をいかに肌に当てないで過ごすかということも課題になってきます。

そこで美白ケアでの注意とポイントをまとめてみました。

シミやそばかすが気になる方も美白の注意を知っておくと、できている分を増やしたり、濃くしないで済みます。

スポンサーリンク


■美白は紫外線対策なしでは成り立たない

たくさん日差しを浴びてしまったから美白化粧品を使う、というのは一見理に適っているのですが、ある意味では順番が違ってしまいます。

理由は日差しを浴びた分だけ肌が乾燥していますし、ほてりが気になっているなら美白化粧品はまだ早いと判断すべきだからです。

 

もしもしっかり美白をしたいならきちんと紫外線対策を行う必要があります。

太陽を楽しみたい、でも日焼けはしたくないなら、UVカット剤や日傘、帽子などをきちんと使い、紫外線対策をしないと美白化粧品もイタチごっこになってしまいます。

そのためうっかり日焼けさせた場合は、まずクールダウンと肌のコンディションを回復させるために保湿を行い、肌の立て直しが先になります。

だから順番を間違えないようにしましょう。

 

本気で美白肌を目指すなら、必ずUVカット剤は欠かすことができません。

ちょっとした外出時も肌をUVカット剤で守ることで日焼けを避けることが可能ですし、毎日の美白化粧品でのケアも結果が出てきます。

肌と相性のいいUVカット剤は、

美白のスペシャルケア1回分以上の効果を持っているのです。

 

■美白化粧品は根気よく使うことが重要

肌と相性のいい美白化粧品でも、なかなか効果を実感できないという方も少なくはないのですよね。

 

美白化粧品は、すぐに結果が出ないのです。

 

理由は、肌の内部にあるメラニン色素の工場メラノサイトの働きを正常化させつつ、できてしまったメラニン色素を本来の無色透明にさせるまでには時間を要するからです。

だから効果は地道に待つしかありません。

 

多くの場合、美白化粧品の結果が出てくるのは、1か月を要します。

 

つまり真面目に使っている場合、1本使い切る頃に結果が見えてくるというわけです。

もしも素早く美白肌に戻したいとお考えであれば、美容皮膚科で何回かイオン導入をしてもらうしか方法はありません。

肌にハリも出て確実に効果が望めますが、かなり高額になってしまいます。

 

根気よく使うことと紫外線対策をしっかり行うことが美白肌を作っていく秘訣になります。

焦っても焼いてしまった肌は、なかなか元通りの肌色になりませんし、シミになればもっと回復まで時間を要します。

 

だから美白化粧品で肌を白くさせるというのではなく、元の肌色の明るさに戻すだけと考えるべきです。

またシミも薄くさせるまでと考えましょう。

 

■美白化粧品に保湿効果などプラスアルファを求めて

もしも美白ケアを行うので、美白化粧品を探しているとします。

その場合、単純にシミやそばかすに働きかけるだけではなく、

 

保湿効果などのプラスアルファも備えている美白化粧品を選ぶべきです。

何本もの化粧品を揃えるよりもリーズナブルだからです。

 

また美白だけではなく、肌に働きかけるプラスアルファの効果があれば、単にシミが目立たない肌ではなく、総合的な美白肌が完成するからという理由もあります。

そのために美白効果に何かがプラスされている美白化粧品がおすすめです。

 

肌にハリを与えるものや保湿効果に優れたもの、毛穴を目立たなくさせるものなどあれこれあります。

エイジングケアをしつつ、美白ケアも可能という美白化粧品も最近は増えてきているので、肌の衰えが気になる方はそういうシリーズを選んだほうが複数の肌悩みを目立たなくさせてくれるのです。

 

賢く美白化粧品を選んでおけば、

美白ジプシーになるリスクもなくなります。

なおシミが気になるならスポッツ用だけを使うのもOKです。

スポンサーリンク


■美白は継続なり!

正直に言いますと、美白は即効性を求められないスキンケアです。

肌の明るさや色ムラのなさは時間をかけて治っていくものなので、美白化粧品で優秀なものであっても、最低1か月はかかるのです。

 

だから美白肌を目標にしているなら、肌と相性がいいUVカット剤をきちんと使用し、美白化粧品も焦らずに使い続けることになります

美白はいうなれば継続しているケアがものを言うわけですから、短期決戦タイプのスキンケアではありません。

 

日焼けを避けることこそ、最大の美白だと言ってもいいですね。

根気よく美白ケアと紫外線対策を行っていくことで、なめらかな明るい肌に変わります。

スポンサーリンク


コメントを残す

このページの先頭へ